×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

WordPress Google Analytics 設定

Image Replacement

しっかりとしたアクセス解析はWebサイトの運営に成功するために最も重要なポイントといえます。アクセス解析を通して一体どんな人がサイトを見に来てくれているのかを知ることができます。Google Analyticsを使うと、無料で広告もなくサイトへのアクセスデータを集めることができます。このページではなぜGoogle AnalyticsがあなたのWordPressブログにとって重要なのか、またその設定方法を解説します。

どうしてGoogle Analyticsがブログに必要なの?

ブログSEO決定版
ブログ管理ツール「HyperBlogger」+SEO商用最適WordPressテーマ」
digipress.digi-state.com/
「賢威5.0」
上位表示の先を見据えたプロのSEOマニュアル&テンプレート
www.seo-keni.jp/
【上位版】「AQUAS」
プロ仕様SEO標準装備超実践型アフィリエイトサイト量産ツール
aquas-html.com/
ブログSEOテンプレート
KAETEN無料ブログで使える高機能SEOテンプレート
kaeten.officehidezo.biz/

Google Analyticsはブログ運営に大切な次の5つの情報を提供してくれます。


1.誰があなたのブログを見ているか

Google Analyticsを使うことで、ブログ閲覧者の地理情報や使用しているブラウザー、ディスプレイの解像度、JavaScriptやFlashが有効かなど、重要な情報を得ることができます。

これらの情報はとても重要です。たとえばブログのデザインを変更するとき、もしブログの閲覧者の多くがFlashの見れない環境であれば、Flashの使用は避けるべきです。閲覧者の大半のディスプレイ解像度が1280なら、そのサイズで綺麗に表示されるようにブログをデザインする必要があることがわかります。


2.ブログの閲覧者のサイト上での行動

Google Analyticsを使うことで、ブログの閲覧者がどのくらい長くブログをみていたか、ブログのどのページが人気なのかがわかります。またあなたのブログにおける閲覧者の直帰率(はじめにアクセスしたページしかみない閲覧者の割合のこと)も確認することができます。これらの情報を用いて、直帰率へらし、アクセス数をあげる工夫をしましょう。


3.閲覧者がブログにアクセスする時間帯

一日のうち、どの時間帯に最もアクセスが多いかを確認することで、ベストなタイミングでブログ記事を投稿することができます。もしその時間の都合が悪ければ、予め記事を書いておき、その時間に合わせて投稿を予約しておきましょう。


4.閲覧者のアクセス元

閲覧者がどのようにしてあなたのブログを訪れたのか、検索エンジンからたどり着いたのか、リンクからやってきたのか、ブックマークから直接来たのかがわかります。もし検索エンジンからやってきたのなら、検索ワードはなんだったのか、どの検索ページを使ったのかも表示されます。この情報はどんな記事に人々が興味を示すのか教えてくれるでしょう。リンクをたどってやってきた場合にはどのページからやってきたかがわかりますので、例えばツイッターのリンクからの訪問者が多ければ、より一層ツイッターでのつぶやきに力をいれるなどといった対応ができます。


5.閲覧者がブログ内でどのように行動しているか

Google Analyticsを使うことで、どのくらいの閲覧者がどのリンクをクリックしたかといったことがわかります。あるページを見た人が他のどの記事に興味を持ったのかといったことがわかりますので、閲覧者により多くの記事を見てもらえるようにブログを構成していきましょう。


このようにGoogle Analyticsの提供する情報を分析することで、ブログのアクセスを増やすためにどの方法ががうまくいっているのか、うまくいっていないのかを知ることができます。効果のある方法にリソースを集中してブログのアクセスUPを目指しましょう!。


Google AnalyticsをWordPressに設定する3つの方法

ではいよいよGoogle AnalyticsをWordPressに設定する方法を解説していきます。ここではすでにトラッキング用のコードを取得しているものとして進めていきます。Google Analyticsの登録の方法やトラッキング用コードの取得方法に付いてはこちらを御覧ください。

ではGoodle AnalyticsをWordPressに設定する方法は3つ紹介します。


直接貼り付ける方法

まずはWordPressのダッシュボードの左のメニューから「外観』>「テーマ編集』選択してください。

デフォルトではスタイルシートのコードが表示されます。右側にテンプレート内のパーツの一覧が表示されるので「ヘッダー」をクリックします。するとヘッダーの高度が表示されるのでこの中から</head>タグを探します。通常</head>タグは<body>タグの直前にあります。

</head>をみつけたら、その直前にGoogle Analyticsで取得したトラッキング用のコードを貼り付けましょう。「ファイルの更新」ボタンを押して設定完了です。

多くのアクセス解析ツールや解説ではトラッキング用コードをフッターに貼り付けるように推奨していますが、Google Analyticsはヘッダーの最後に貼り付けることを推奨しています。私が試したと範囲ではGoogle Analytics単体ではどちらに貼りつけても問題ないようですがWebmaster Toolsと連携させるときなどにフッターに張り付けるとうまくいかない場合があるようです。


Functions.phpを用いる方法

お使いのテーマがFunctions.phpを持っている場合にはFunction.phpないに次のコードを加えることで、直接ヘッダーに貼り付けるのと同じ効果が得られます。

<?php
add_action('wp_header', 'add_googleanalytics');
function add_googleanalytics() { ?>
ここに取得したトラッキング用コードを貼り付けます
<?php } ?>

↑のコードを使う際は「<」、「>」を半角に直してください。


プラグインを用いる方法

WordPressにGoogle Analyticsを組み込むためのプラグインは数多く公開されていますが、下の二つが人気もありおすすめです。

Google Analytics for WordPress

Ultimate Google Analytics

プラグインを用いた場合には上記の2つの方法と異なり、テーマを変更するたびにコードを貼り付ける必要がないので管理に手間がかかりません。ただWordPressのバージョンや環境によってうまく機能しないことも報告されているようですので、そのような場合には他の2つ方法はより安定して運用できると言えます。

プラグインの設定方法についてはこちらでUltimate Google Analyticsの設定方法を解説しています。


ブログSEO決定版
ブログ管理ツール「HyperBlogger」+SEO商用最適WordPressテーマ」
digipress.digi-state.com/
「賢威5.0」
上位表示の先を見据えたプロのSEOマニュアル&テンプレート
www.seo-keni.jp/
【上位版】「AQUAS」
プロ仕様SEO標準装備超実践型アフィリエイトサイト量産ツール
aquas-html.com/
ブログSEOテンプレート
KAETEN無料ブログで使える高機能SEOテンプレート
kaeten.officehidezo.biz/